IFPAアロマセラピストの勉強会でしたよ~

夜中の1時前です。
今日はアロマセラピーの勉強会に参加してきました。
場所は大阪梅田のJEA(ジャパン・エコール・デ・アロマセラピー)。
私がアロマセラピーを学んだスクールです。

 

対象はIFPA(イフパ)というイギリスのアロマセラピーのカリキュラムを修了した者たち。
お題目は「脳脊髄液の循環とアロマセラピー」です。字ヅラが難しい…!! 
話についていけるよう参加前に予習をしていって臨みました。

 

大下が理解したことでざっくりかみくだいて言うと、次のようなカンジ。
脳と脊髄とを包む膜の間をぐるぐる循環していってる液体があるんですが
それを脳脊髄液(かんたんに髄液とも)って言います。
イメージでは脳から背骨を伝って降りていって、
お尻の上ら辺の仙骨からターンしてまた上っていって・・て
ぐるぐる流れていってる感じ。

 

、この脳脊髄液。スムーズに循環していくと何がいいのか??
・身体の老廃物を運搬してくれたり、
・免疫が高まったり、
・自律神経のバランスをととのえたり。

至極フツ~なことに聞こえるけど、
人間の体も数十年を経ると身体機能も衰えますよね

当たり前の機能でも、なかなかそれが滞ってくる。
そこで、きちんと身体をリラックスにもっていった
り、
きちんと幸福感を感じられたり、血流やリンパの流れがよくなってくると、
この脳脊髄液の流れも良くなってくるそうな。

 

じゃ、ちょっと目線を変えてこれを精油でアロマセラピーで
アプローチ出来ないか?ってことでこの勉強会の目的にもなっていたんだと思ってます。
だから「脳脊髄液とアロマセラピー」なのね!とそのタイトルが理解出来ました。

 

勉強会の後半はセルフ実習。
頭蓋骨の縫合部を探ってゆるめるという。頭皮ではなく。あくまでも頭蓋骨。
いつもサロンでは炭酸ヘッドマッサージと称して頭皮のマッサージをさせてもらってますが、
(これはサロンで取り入れられるかも!)と新しいものを発見したように思いました。

お客様へお伝えできそうなものばかりの、収穫の大きい一日でした。

 

さて、もう1時30分を過ぎてしまいました。今日は横隔膜ストレッチも習ったのですが
おやすみ前にこの横隔膜ストレッチをしながら…入眠しようと思いますzzzzz

 

PAGE TOP