精油とそうでないもの、どこで見分ける?

前回、精油のメーカーさんについて触れましたが、
それに関連してアロマセラピーのための精油の選び方、
購入の仕方をお話しようと思います。

雑貨屋さんで見かける、茶色や青の遮光瓶。
見た目もとっても可愛いものがたくさんありますが、
容器の見た目がアロマセラピー用の精油の瓶とよく似ています。

ラベルを見ると「アロマオイル」と書かれてるものも多く、
ポプリ用や芳香用は精油ではなく合成香料の場合もあるので、
これらは人体には用いることが出来ません。

日本にはアロマセラピーに関する組織、
アロマセラピー環境協会(AEAJ)という協会があり、
精油の瓶(または外箱や取説書)へ
瓶の中身の精油についての情報8項目&注意事項4点を
表示するという基準を設けています。

店頭でアロマのエッセンシャルオイルを見かけたら、
それらが表示されているか探してみるのもおすすめします。

~精油情報8項目~
・ブランド名
・品名
・学名
・抽出部位
・抽出方法
・生産国(原産国)
・内容量
・発売元(輸入元・販売元)

~注意事項4つ~
・原液を皮膚につけない
・口に入れない
・子供の手の届かない所へ保管
・火気に注意

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆インスタグラム フォロー嬉しいです♪ @kyoto_aroma_suavis
◆公式LINE @suavis からですとお問い合わせなどに便利です。
◆Twitterもしています★ @AromaSuavis

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
京都府京都市下京区油小路通五条下る中金仏町213-18
京都 アロマ リラクゼーションサロン Suavis. スアビス
10:00~最終受付19:00  不定休
サロン前に自転車停められます。

PAGE TOP